メニュー 閉じる

日本カジノとオンラインカジノEXPO開催!?

オンラインギャンブルexpo

日本では2016年12月にカジノ法案が成立されました。日本では長年カジノが禁止されてきましたが、このカジノ法案により、日本でカジノが解禁されるのではないかと多くの日本人が注目しています。カジノ法案は、主に経済効果や雇用促進、地域の活性化などが期待されていましたが、結果的に可決されることに。そして、カジノ法案が成立した2016年から4年が経過した現在、更なるトラブルが浮上します。それは、新型コロナウイルスの影響によるもの。2025年にはオープン予定だった日本初のカジノは、新型コロナウイルスの影響で先延ばしになってしまう可能性が高くなっています。

実際に、新型コロナウイルスの影響を受け、日本のカジノ事業からラスベガスのカジノ企業が続々と撤退・延期を発表しています。とはいうものの、延期というだけまだ救いはあるでしょう。大阪で唯一の価競買人であるラスベガスのカジノリゾートMGM Resorts社は、日本のカジノ事業は延期をするが実行をする見込みだということを述べています。

遅れに遅れているカジノ法案ですが、もし議決されたらカジノエキスポが開催されることは各地で噂されています。その際、おんらいんかじののブースも展開される可能性が高いでしょう。

新型コロナウイルスの影響で以前より自宅で楽しめる娯楽が注目されるようになった現代だからこそ、ゲームから入出金までオンラインで完結できるネットカジノが注目されることは間違いないと言えます。

実際にオンラインカジノがプレイできる体験コーナーはもちろん、カジノエキスポとのコラボイベントとして、各サイトで期間限定イベントやボーナス付与などの開催も期待できます。通常のカジノはもちろん、オンラインでのカジノの遊び方など、さまざまな方面から楽しめるギャンブルとして、カジノエキスポは盛り上がるイベントになること間違いなしです。

オンラインカジノには既にさまざまなサイトがオープンされていますが、日本のカジノ法案ができたら、より一層充実したサイトがオープンされていくでしょう。

ギャンブル依存症や治安に対する懸念点から反対の声も多かったカジノ法案ですが、新型コロナウイルスの影響によって日本の時代や価値観も変わりつつあります。ラスベガスのように気軽にカジノが楽しめる時代が、日本にもやってくるかもしれません。