メニュー 閉じる

オンラインギャンブル界における効果的なマーケティングの4Pとは。

オンラインギャンブルにおける4P

商品、サービスは、品質がよければ自然に売れていくわけではありません。

商品、サービスを適正な値段で販売して利益をあげていくためには「マーケティング戦略」が必要になってきます。

マーケティング(販売戦略)では、「商品(Product)」「価格(Price)」「流通(Place)」「販促(Promotion)」という4つの要素から考えていくことが重要です。(頭文字をとって4Pと呼ばれています)

オンラインギャンブル界における効果的なマーケティング戦略をとっていくために、「マーケティングの4P」の観点から簡単に考察してみましょう。

オンラインギャンブルとそのマーケティング戦略

まず、商品(Product)は、「サイトで遊べるカジノゲーム」になるでしょう。スマホ、パソコンがあれば24時間いつでも場所に縛られることなく、カジノゲームをプレイできるのが特徴です。

商品に関しては、「カジノ種類の豊富さ」「ライブカジノの充実」といったサービス内容ももちろん大切です。

しかし、カジノが違法となっている日本においては、きちんとした運営元で、法律的に安全であることが重要になってくるのではないでしょうか。

2番目の価格(Price)については、基本的にサイトの登録料は無料になりますので、プレイヤーがどれだけの金額を賭けるかによって変わってくると考えられます。

次の流通(Place)は「オンラインギャンブル」という名前の通り、オンライン(ネット)だと考えられます。

オンラインギャンブルについての分かり易い説明は、こちらのサイトにてご覧いただけます。

最後の販促(Promotion)に関しては、サイトによってさまざまです。

まず考えられるプロモーションは「ボーナス」です。ほとんどのサイトで登録するだけでもらえる「登録ボーナス」が用意されています。

また、初回入金の一部をキャッシュバックする「初回入金ボーナス」や、2回目以降の入金にもキャッシュバックボーナスがついているサイトもあります。

ボーナスがあることで、カジノに不安がある初心者でも手軽に始められることが考えられます。

しかし、ただボーナスを用意するだけでは、利益を上げられない場合もあります。ボーナスを設けることによって、企業側にもきちんとメリットがあることが大前提です。

また、ターゲット層を絞ってゲームを揃え、宣伝、広告をうっていくことも、他のサイトと差別化をしていく上で重要になってくるでしょう。

例えば、富裕層をターゲットにするのであれば、賭け金の上限を高く設定する、VIP制度を充実させるなど考えられます。
また、アニメ好きをターゲットにするのであれば、アニメをモチーフにしたゲームを多く用意するといった戦略がとれるでしょう。

オンラインギャンブルにおいて効果的にマーケティングを進めていくためには、

  • 法律的に安全な運営元
  • ターゲットを絞ること
  • ターゲットに合わせたボーナス、サービスを提供すること

がポイントになってくるのではないでしょうか。