メニュー 閉じる

オンラインカジノのマーケティングはどんな仕事?

インターネットカジノにおけるマーケティング戦略とは?

・市場シェアの維持と拡大

・収益性の向上

・収益の有効利用

などがネットギャンブルにおける基本的なマーケティング戦略です。

オンラインスロットやオンラインバカラをはじめとするカジノゲーム自体の「強さ」はほぼ必要ありません(それらに対する知識はあるべきですが)。

求められるのはビジネス・マーケティング全般の経験です。

そして、マーケティングスタッフは、担当するオンラインギャンブルの宣伝活動、イベント管理、顧客サービストレーニングの運営もします。オンラインカジノの違法性に合わせることも大事です。

さらには、インターネットギャンブルの運営に関する報告書も作ります。

ですから、デジタルマーケティングや報告書造りのスキルもあるべきです。

オンラインCasinoのマーケティングにおいて必ず求められる能力・知識は?

まず、ネットカジノの分野に限らない、ビジネス全般についての深い洞察力と、創造力が欠かせません。それがなければ、現状の打破や成長が望めないからです。

また、オンラインカジノ産業への知識も必要です。

特に法整備の問題や、オンラインギャンブル依存症の実情など、目を背けたくなる分野についても精通しておくことが大事です。

その他、次のような能力があるとオンラインカジノのマーケティングを有利に進められるようになります。

・顧客が求めるサービスを提供する能力

・販促資料を作るスキル

・デジタルマーケティングに関するスキル

・統計学に関する知識やスキル

・比率などをすぐに算出できる計算力

・ビジネスに求められる交渉力やコミュニケーション能力

・現状の問題点を追及するスキルとそれを解決するスキル

・色々な資料データを分析し理解するスキル

個人で行えるインターネットカジノマーケティングの訓練

将来的にオンラインカジノのマーケティングの仕事に携わりたいのであれば、個人で以下のような訓練を行ってみると良いでしょう。

・各種オンラインカジノの類似カジノゲームの相違点を調べ、それぞれの運営の狙いを推測する

・各種ネットカジノの入金ボーナスなどを分析し、「ボーナスを設定する事により運営側が得られるメリット」を分析する

・ベラジョンカジノやカジノエックスなど、ユーザー数が多いオンラインカジノの「人気の理由」を自分なりに考えてみる

など。

また、余裕があるのであれば、ラスベガスなどのリアルカジノに足を運んで「オンラインカジノが勝っている部分」や「インターネットカジノが負けている部分」などを考えてみるのも良いでしょう。